プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » プログラミングスクールに通う前に知りたいことまとめ » プログラミングスクールに通っても
就職できない人の特徴

公開日: |更新日:

プログラミングスクールに通っても
就職できない人の特徴

プログラミングスクールに通ったのに、なかなか就職できない人がいます。ここでは、就職できない人と成功する人の違い、卒業後に理想の就職をするためのポイントについてまとめてみました。

プログラミングスクールに通っても就職できない人とは

プログラミングスクールを卒業したにもかかわらず、就職できない人の特徴は以下の通りです。

学習する目的が明確でない

具体的な目的がないと、「ただ通っただけ」「卒業しただけ」になってしまい就職活動の際にアピールできるものが何もない…ということになりかねません。また、しっかりとした目的がないと面接でも熱意が伝わらず、就職に結びつかないことがあります。

理想が高すぎる

よりよい条件の会社に就職したい気持ちもあるでしょうが、理想が高すぎると就職できないことがあります。プログラミングスクールを卒業した時点では、実務未経験の駆け出しであることを考慮する必要があります。

スクールの就職サポートが弱い

就職先の探し方・面接の仕方・ポートフォリオの作り方など、就職を成功させるためのサポート体制が万全でないスクールを選んでしまうと、なかなか内定を獲得できないことがあります。

逆に成功する人とは

プログラミングスクールで就職に成功している人の特徴は、以下の通りです。

目指している将来像が明確である

プログラミングスクールでどのようなスキルを身につけて、将来はどんな職業に就きたいか、そういったビジョンが明確である人は就職に成功しやすい傾向があります。目的が明確だと習得するべきスキルもハッキリしており、面接でもそれをアピールしやすいでしょう。

プログラミングスクールの役割を理解している

プログラミングスクールは、エンジニアとしての基礎中の基礎を学ぶ場であることを理解し、うまく「利用している」人は成功しやすいと言えます。逆に、通っていれば「何とかしてもらえる」という受け身の人は、失敗しやすい傾向があります。

目指しているビジョンが明確な生徒

プログラミングスクール卒業後に理想の就職を成功させるには

プログラミングスクールの卒業後に就職・転職を考えているなら、スクールが提供している就職サポートの内容をチェックしておきましょう。注目すべきは、応募できる求人数は多いか、面接練習などのサポートはあるか、ポートフォリオ制作に力を入れているか、などです。とくに業界初心者は自力で就職先を見つけるのが難しいため、しっかりとしたサポート体制のスクールを選ぶことをおすすめします。

プログラミングスクールの選び方まとめ

プログラミングを学んでエンジニア・プログラマーとして活躍したいと思うなら、就職・転職サポートに力を入れているスクールを選ぶと良いでしょう。せっかくスキルを身につけても、サポートが弱いと希望する会社へ就職することが難しくなることがあります。無料体験やカウンセリングを活用し、サポートの充実度をしっかりチェックしておきましょう。

おすすめのプログラミングスクール 53社をチェック