プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » プログラミングスクールに通う前に知りたいことまとめ » プログラミングスクールで挫折しないための秘訣をご紹介

公開日: |更新日:

プログラミングスクールで挫折しないための秘訣をご紹介

プログラミングスクールで挫折する理由と、それを防ぐための心構えについてご紹介します。しっかりとスクールに通ってスキル・知識を身につけるためにも、情報をチェックしておいてください。

プログラミングスクールって挫折しやすいの?

だれもが何かしらの目標を持ってプログラミングスクールに入学しますが、途中で挫折してしまうケースは少なくありません。とくにプログラミングに関する知識がほとんどない場合、スクールに入る前から「授業についていけるのか」「本当にプログラミング技術を習得できるのか」といった不安を抱えている人が多いもの。その不安を抱えたまま授業を受けると、「やっぱり自分には無理だ」「ついていけない」という気持ちが強くなり、挫折してしまうことが多いようです。

一般的なプログラミング挫折率

プログラミングの学習を始めた人の一般的な挫折率は、約90%と言われています。プログラミングスクールを経営する侍エンジニアが行ったアンケートによると、プログラミング学習経験を持つ298名中、「つまずいた経験がある・挫折したことがある」と回答したのは全体の87.5%であったとのこと。また、挫折した人の約60%が独学約20%がスクール約10%が企業研修という結果となっています。

どんなとこで挫折するの?

プログラミング学習において、挫折しやすいポイントをまとめました。

質問できる環境がない

分からない部分を質問できる環境がないと不明点がそのままになってしまい、前へ進むことができず挫折しやすくなります。

知識・スキルが身についているのか分からない

スクールでは数週間~数ヶ月にわたってプログラミングを学びますが、学習した内容が身についているのかどうか実感できず、その不安感から挫折するケースがあります

モチベーションを保てない

プログラミングスクールに通う目的がハッキリしていないと、学習する意欲を保つことができず、挫折するケースが見られます。

学習する時間を確保できない

仕事・育児・介護など、プログラミング以外のやるべきことが忙しいと学習時間が取れなくなり、授業についていけなくなる可能性があります。

挫折しないためには

プログラミングスクールで挫折しないためには、「なぜ生徒が挫折するのか」を熟知し、それに対するフォロー体制が手厚いスクールを選ぶことが大事。分からないことや疑問をいつでも質問できる、学習の進捗状況が分かりやすい、オーダーメイドで自分に合ったカリキュラムを組める、といったフォロー体制が整っているスクールを選ぶとよいでしょう

スクールでは質問ができる環境がある

プログラミングスクールの選び方まとめ

プログラミングスクールは、それぞれのスクールごとに学習内容・授業スタイル・フォロー体制が異なります。挫折することなくしっかり学びきるためには、自分に合ったスクールを選ぶことが重要。ネットの情報だけでなく、無料体験授業・説明会・カウンセリングなどを活用し「このスクールなら挫折せずに通える!」と思えるところを選びましょう

おすすめのプログラミングスクール 53社をチェック