プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » プログラミング目的別学び方 » プログラミングを学んでロボット開発をしたいなら

公開日: |更新日:

プログラミングを学んでロボット開発をしたいなら

ロボット開発したいなら、学ぶべきプログラミング言語も慎重に選ぶ必要があります。ここでは、ロボット開発向きの言語や学び方、ロボット開発の適性がある方について解説します。

ロボット開発向きの言語

ロボット開発に適した言語は、大別して3つあります。

広く使われているC・C++

CやC++は、処理速度の速さが特徴のプログラミング言語です。ロボット制御はもちろん、IoT機器の組み込みから大規模アプリケーションまで、幅広い分野で使用されています。多用途に使えるため、迷ったらC・C++の習得を目指すとよいでしょう。

機械の制御にも使われるJava

汎用性の高さが特徴の言語がJavaです。ロボットや機械の制御にも使われており、環境に依存しづらいのが強み。構文はCやC++と似ており、これらに慣れている方なら、習得しやすい言語です

AIロボットに適したPython

Pythonは機械学習など、AI分野でよく用いられています。そのため、AIを搭載したロボット開発に使用されています。上記の言語と比べて可読性が高いため、初心者向きの言語となっています

ロボット開発に向いている人は?

以下に当てはまる方は、ロボット開発分野向きの人材といえます。

ロボット分野は機械工学や数学などを扱うため、これらに関する深い知識がある方が向いています。一方でロボットの動作を適切に評価し、課題を解決できる能力も求められます。

最新技術に明るいことも重要です。ロボット分野は日々技術が進歩しているため、積極的に習得できる姿勢が求められます

ロボット開発に関する言語の学び方

ロボット開発に関する言語を学ぶ方法は2つ。プログラミングスクールと独学です。

初心者ならプログラミングスクールがおすすめ

未経験者や初心者の方は、プログラミングスクールで学ぶとよいでしょう。言語を体系的に学べるだけでなく、プログラミングの基礎からしっかり身につけることが可能です

独学したいなら書籍やインターネットの情報を参考に

独学したい方や、プログラミングに慣れている方は、書籍・インターネットの情報をもとに学ぶのもおすすめです。特にインターネットは無数の情報源があるため、費用を抑えて独学できます

管理人からのコメント

ロボット開発するなら、CやC+、Java、Pythonがおすすめです。これらは独学も不可能ではありませんが、かなりの時間がかかる可能性があります。講師から直接学び、質問などを通して確実に身につけたいなら、プログラミングスクールを検討しましょう

おすすめのプログラミングスクール 53社をチェック