プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » プログラミングを学ぶ!基礎言語一覧 » Pythonとは

公開日: |更新日:

Pythonとは

幅広い分野で使用されているプログラミング言語のPython。ここでは、言語の特徴と使用に適したケース、学び方のほか、習得をおすすめしたい人について解説しています。

Pythonとはどんな言語?

Pythonとは、さまざまな分野で使われているスクリプト言語です。シンプルな言語仕様が特徴で、初心者向けの言語となっています。

一方、ライブラリが豊富に公開されており、仕事の自動化からAI開発まで、幅広い分野に対応できる汎用性が強みです。Pythonを習得すれば、多分野での活躍が期待できます。

Pythonが必要なケース

Pythonが必須となるケースはありませんが、特に多用されている分野がAI・機械学習です。Pythonは科学技術や統計関係、ディープラーニング向けのライブラリが充実しています。そのため、AI開発などでは広く使われています。

また、システム開発やロボット開発でも使用されるほか、業務の効率化のために使われる場合もあります。苦手な分野もありますが、多くの分野をカバーできるのがPythonです

Pythonの学び方

Pythonは、独学かプログラミングスクールで習得できます。初心者向けの言語のため、独学も可能ですが、マスターしたい方はプログラミングスクールを検討しましょう

スクールなら実践的な内容を学べるほか、独学よりも習得難易度が下がります。就職・転職で役立つレベルを目指す方は、スクールの利用をおすすめします。

Pythonはこんな人におすすめ

以下のいずれかに該当する方は、ぜひPythonの習得を目指しましょう。

PythonはAI開発などで多用されるほか、システム・ロボット開発でも使われています。これらの分野に興味がある方は、習得を目指すとよいでしょう。

また、仕事の効率化などに興味がある方にもおすすめです。Pythonは、スクリプトでソフトやファイルの操作を行えるため、自動化にも適した言語です

まとめ

シンプルな言語体系のPythonですが、幅広い分野で使用されています。さまざまな使い道があるため、汎用言語を身につけたい方は、Pythonを選ぶとよいでしょう

Pythonを学べるプログラミングスクールの選び方 

人気が高いプログラミング言語だけに、Pythonを学べるプログラミングスクールは多数あります。そのなかから自分にあったスクールを選ぶポイントを解説しましょう。

学ぶ内容やカリキュラムについて

効率よくPythonを学ぶには、学ぶ内容やカリキュラムが大切です。初心者であれば基本的なことから教えてくれる内容になっているか、プログラミングの経験者であればそれを前提としたカリキュラムを持っているかなど、自分の現状や目標にあったものがあるか確認するようにしましょう。

プログラミングスクールによっては卒業後に転職や副業のサポートをおこなっており、そのようなところを選べば次のステップに進みやすいでしょう。

料金

プログラミングスクールの料金は教室によって異なります。専門的なスキルを学ぶプログラミングスクールの料金は高額になりがちですので、余裕を持って支払うことができ、納得できる料金であるかどうかしっかりと確認した上で入校するようにしてください
スクールによっては厚生労働省の教育訓練給付制度や、企業向けの助成金制度に対応しているところもあります。そのような各種支援制度を活用できるスクールを選べばコストを抑えることができるでしょう。

サポート体制について

プログラミングスクールでは授業はもちろん、サポート体制も重要です。たとえば授業のとき以外の時間でも質問に答えたり相談に乗ったりしてくれるスクールを選べば、自習などでのつまずきを早期に解決でき、より早くスキルを身につけられるでしょう。

前述の通り卒業後のサポートとして、副業案件の獲得や、転職成功の保証をしてくれるコースを持っているスクールもあります。明確な夢や目標を持ってプログラミングを学ぶ方はそのようなコースを選んでも良いかもしれません。

プログラミングスクール以外でPythonを学ぶには?

プログラミングスクール以外の手段でPythonを学ぶ方法と、そのメリットやデメリットをご紹介します。

Pythonは注目度が高いAIや機械学習でよく使われていることから、さまざまな関連書籍が販売されています。入門書ならPythonに関する基礎知識も得られるため、本格的なPython学習開始前にどのようなものか知るためにも役立つでしょう。
ただ、Pythonの入門書はその性質上、実践的なスキルは得られにくいです。Pythonを仕事や副業で本格的に活用するならプログラミングスクールに通ったほうが良いかもしれません。

Webサイト

インターネット上にはPythonについて解説しているWebサイトが多数存在しています。無料で掲載しているコンテンツで学習をおこなえばPythonを学ぶためのコストを低減可能です。
一方、特に無料サイトの場合、サイトによって質にばらつきがある点には注意してください。すべてのサイトが正しく作成、メンテナンスされているとは限らず、古い情報や間違った内容が掲載されている可能性があります。

アプリ

Python学習アプリのメリットは、スマホやタブレットを使いスキマ時間に学べる点です。通勤/通学中や休憩時間などの空き時間を利用すれば、仕事や勉強との両立もしやすいでしょう。
デメリットとしては、スマホやタブレットにはキーボードが搭載されていないのが一般的なので、長いコードを書くのが難しい点が挙げられます。パソコンを使って実際にプログラミングをおこなえる環境や、それをサポートする学習手段を別途用意したほうがよいかもしれません。

Pythonを学べるおすすめスクール一覧

数あるPython対応プログラミングスクールの中から、おすすめのスクールとその特徴をご紹介します。

SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)は、日本初のマンツーマン専門プログラミングスクールです。

プログラミング学習の進度は人によって異なり、集団学習形式だとなかなか進まないと感じたり、逆に進みが早すぎてついていけなかったりする可能性があります。マンツーマン形式なら一人ひとりにあったペースで学習を進められるため、充実した授業を受け続けられるでしょう。SAMURAI ENGINEERではさらに卒業まで一人の現役エンジニアが担当するため、それぞれの癖や傾向を把握した的確な指導が可能です。

指導の際には一人ひとりに専用のカリキュラムを作成。お仕着せのカリキュラムではなく、それぞれの能力や目標に沿った学習ができます。卒業後の「転職保証コース」があるなど、単なるプログラミング学習で終わらないのもうれしいポイントですね。

SAMURAI ENGINEERの
口コミ・評判を見る

TechAcademy

TechAcademy(テックアカデミー)は、副業としてプログラミングを活用したい方におすすめのプログラミングスクールです。

「副業コース」では実力判定テスト合格者にTechAcademyが自ら仕事を紹介。はじめての仕事を100%獲得でき、実績を積むことができます。その際、仕事の進行管理や不明点などをプロがしっかりサポートするため、はじめてのプログラミングの仕事でも迷わず納品まで進められます。

さらにゆくゆくは転職を考えている方には、副業経験を積んだ後での転職サポートを提供しています。副業で自信を付けてから本業へと徐々に移行していけため安心です。また、学習期間が設定されておらず、ライフスタイルにあわせて選べるので、忙しい方でも始めやすいです。

テックアカデミーの
口コミ・評判を見る

Winスクール

Winスクールは自宅にいながら通学型の個人レッスンと同じ講座が受けられる「Winスクールオンライン」を提供しています。

動画を見ながらの学習ではなく、講師が受講生の作業をオンラインで見ながら指導をおこなうため、一人ひとりの目的やスキルレベルにあった指導が可能です。また、パソコンをお持ちでない方にはオンラインレッスン専用のパソコンを用意していますので、準備に不安がある方や忙しい方でも安心して始められます。

通学型で学びたい方向けには北海道から九州まで多くの教室を用意。平日は勤務地の近くで、週末は自宅の近くでなど、ライフスタイルにあわせて複数の教室を使い分けることも可能です。もちろん引っ越しの際は新しい教室で続きから受講でき、せっかく学んだことが無駄になりません。

Winスクールの
口コミ・評判を見る

おすすめのプログラミングスクール 53社をチェック