プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » プログラミングを始める前に知りたいこと!不安を解消するポイントまとめ » 初心者だけどプログラミングを学びたい!独学が向いている人の特徴とは

公開日: |更新日:

初心者だけどプログラミングを学びたい!独学が向いている人の特徴とは

初心者でも独学でプログラミングを学ぶことは可能ですが、学習するにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは、独学でプログラミングを学ぶための方法や、どんな人に独学が向いているか、といった情報をご紹介します。

初心者でも独学できる?プログラミングの学び方

初心者が独学でプログラミングを学ぶのに必要なのは、パソコンとインターネット環境の2つ。まずはこの2つを準備し、以下のような方法で学んでいくとよいでしょう。

書籍を使う

プログラミングに必要な知識は、書籍から学ぶこともできます。書籍を使って独学する場合は、ただ内容を読んで理解するのではなく、実際に手を動かしてみることが大事。記載されているサンプルコードを真似して入力するという手法は「写経」と呼ばれており、効率のよい学習方法のひとつです。ただし、書籍を使う場合、いきなり難しい本を手にしてしまうと挫折する可能性があります。できるだけ理解しやすく書かれている、初心者向けの書籍から始めてみましょう。

プログラミング学習アプリ

パソコンやスマートフォンにアプリをダウンロードし、プログラミングを学ぶものです。ゲーム形式でプログラミングの知識を学ぶもの、教材の動画を閲覧するもの、実際にコードを入力できるもの、ゲーム感覚で問題をクリアしていくものなど、その種類は多様。ただし、間違った知識を習得しないよう、専門家の監修があるアプリを選ぶとよいでしょう

動画サイト

プログラミング学習について、動画で解説されているサイトを利用するのもひとつの手段です。無料で利用できるものも多く、基礎から応用までさまざまな動画がアップされているのが特徴。好きな時間に好きな場所で、繰り返し視聴できるのも魅力です。ただし、多くの動画は初心者にもわかりやすい内容となっていますが、分からない部分を質問できないのはネックです。

独学にはどんな人が向いている?

その名の通り、1人で学習を進めるのが独学です。自分で作ったカリキュラムをコツコツとこなし、計画通りに物事を進めていくのが得意な人におすすめ。また、長時間勉強できる集中力がある、高いモチベーションを保ち続けられる、己に厳しくさまざまな誘惑に負けない、といった人も独学に向いているでしょう。分からない部分を1人で解決していけるだけの力やプログラミングに詳しい友人がいる人も、独学で成功しやすいと言えます。

まとめ

高いモチベーションを保ち続けることができ、自分に厳しくカリキュラムを進めることができれば、プログラミングを独学で習得することもできるでしょう。もし独学をやってみて「難しい」と感じたら、そこであきらめず、プログラミングスクールを利用してみてください。分からない部分を講師に質問できるだけでなく、専門のカリキュラムが設けられているため、独学よりも短期間で目標を達成できる可能性が高まります

おすすめのプログラミングスクール 53社をチェック