プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » プログラミングを始める前に知りたいこと!不安を解消するポイントまとめ » エンジニアの働き方とは?業界別に解説

公開日: |更新日:

エンジニアの働き方とは?業界別に解説

ひと口にエンジニアと言っても、業界・業態によって働き方はさまざまです。ここではエンジニアとして活躍するにあたって知っておきたい、業界別・業態別の働き方について詳しくまとめてみました。

業界別に見るエンジニアの働き方とは

エンジニアが活躍する、主な業界の働き方をまとめました。

IT業界

IT業界におけるエンジニアの働き方は多種多様。Webサイトやインターネット広告などの制作・保守・更新を行ったり、情報ネットワークの構築・運用・管理等を担ったり、IT技術に関する分析・提案を行うコンサルタントとして働くこともあります。

情報処理サービス業界

企業が情報システムの導入を行う際、必要なサービスすべてを提供する情報処理サービス業界。システムインテグレータ(SI)とも呼ばれます。この業界でエンジニアは、導入するハードウェアの選定ソフトウェアの開発・管理データベースの構築といった幅広い業務を請け負います。

ソフトウェア・アプリ開発業界

パソコン・スマートフォン・家電・自動車などの動作を制御するために必要な、ソフトウェアの開発を行う業界です。この業界でのエンジニアはソフトウェアエンジニアと呼ばれており、システムエンジニアよりも上流の工程を担うことになります

ハードウェア業界

ハードウェアとは、パソコンや周辺機器、家電・ゲーム機器といった目に見えるものを指します。この業界におけるエンジニアは、ハードウェア内で用いられる電子回路の設計製品に組み込まれるシステムの開発を行います

通信業界

通信業界におけるエンジニアはネットワークエンジニアと呼ばれており、ネットワークの設計・構築・運用・保守などを行います。サーバーの構築・保守・運用に携わる、サーバーエンジニアという働き方もあります。

業態別に見るエンジニアの働き方とは

業態によっても、エンジニアの働き方や仕事内容は異なってきます。

正社員

多様な働き方があるエンジニアですが、もっとも安定した雇用形態が正社員です。給与も安定しており、福利厚生も充実している企業が多くなっています。新人のうちは雑用がメインとなりますが、徐々に責任ある工程を任される機会も増えてきます。

派遣

派遣会社に登録し、派遣先の企業で働くというスタイルです。業務としては、システム等の構築・運用・保守といったサポートが中心となります。派遣には契約期間があるため、同じ企業で長く働くというケースは少なめですが、さまざまなプロジェクトに関われるのがメリットです

フリーランス

個人で企業と契約し、仕事を請け負うのがフリーランスのエンジニア。契約期間中だけ企業に出向く、在宅で働くといったスタイルに分かれます。経験やスキルによっては正社員よりも高収入を狙える働き方ですが、場合によっては収入が不安定になることもあります

まとめ

さまざまな活躍の場が用意されている、エンジニアという職業。どんな業界でどんな働き方をしたいかをしっかりイメージしておくことで、身につけるべきスキルも明確になりますし、就職・転職もスムーズに運ぶようになるでしょう。

おすすめのプログラミングスクール 53社をチェック