プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » プログラミングスクール53社の評判を徹底調査! » プログラミングスクールDIVE INTO CODEの口コミ評判を調査

公開日: |更新日:

プログラミングスクールDIVE INTO CODEの口コミ評判を調査

引用元:公式HP
https://diveintocode.jp/

エンジニアとして就職することを明確なゴールとして、親身になってサポートしてくれるDIVE INTO CODE 。口コミ・評判、選ばれる理由やサポート、取組などについて紹介します。

DIVE INTO CODEの特徴一覧

授業スタイル オンライン・通学
コース ・Webエンジニア ステップアップコース
・Webエンジニアコース 就職達成プログラム
・機械学習エンジニアコース
学べる言語 HTML、CSS、Git、GitHub、JavaScript、Ruby、Docker、RDBMS、SQL、Ruby on Rails、ActiveRecord、Heroku、Vue.js、Ansible、Rubocop、Redis、bugsnag、python、Numpy、Pandas、scikit-learn
講師について MBA取得、新規サービス立ち上げ、社会人向けITエンジニアへの転職支援、プログラミング教育の講師経験多数
こんな人におすすめ! フルタイム、サブスク型オンラインで選びたい人、機械学習エンジニアを目指す人におすすめ

あなたにあったプログラミングスクールが見つかる!
おすすめ4選をチェック!

DIVE INTO CODEの口コミ・評判

学べる言語についての口コミ:
Git やRuby on Rails などが仕事のベースに

Gitの使い方、基本的なRuby on Railsの知識など、DIVE INTO CODEで学んだことが今の仕事のほとんどのベースになっています。

参照元:DIVE INTO CODE公式HP https://diveintocode.jp/blogs/Interview/asano

挫折しない仕組み作りやフォロー体制
スクールのサポートについての口コミ:
講師や同期の取組をみて続けられた

性格上、独学でプログラミングの勉強を始めると、何を勉強していいのやらと、途方に暮れて挫折してしまったと思います。DIVE INTO CODEでは、環境構築やバグなどでつまずいた時に、講師や同期達の取り組み方をみれたことは、大きな価値がありました。

参照元:DIVE INTO CODE公式HP https://diveintocode.jp/blogs/Interview/Yoshiihiroto

将来へのサポートについての口コミ:
学んだことがそのまま転職活動準備に

DIVE INTO CODEでは転職活動対策のカリキュラムも用意されています。そのため、例えばポートフォリオを作ることや、GitHubにコードを公開して見せられるようにすることなど、学んだことを実践することが転職活動の準備につながりました。

参照元:DIVE INTO CODE公式HP https://diveintocode.jp/blogs/Interview/TomomasaTsuneo

同期と切磋琢磨しながら課題を解決したという口コミが多かった!
DIVE INTO CODE

「0から1を創る経験を自分の頭で考える授業を通して達成できた」「同期と強い絆ができた」などという声が多くみられました。答えをすぐに教えることはなく、自らの力や同期との協働によりプロとしてのスキルを身に付けることが期待できるようです。

DIVE INTO CODEが選ばれる理由

フルタイム、オンラインの3つのコース

4か月間、フルタイムの学習でWebエンジニアを目指すコースのほか、サブスク型オンライン形式でエンジニア職に求められるスキルを身に付けられるコース、Pythonに特化した機械学習エンジニアを目指すコースの3つがあります。

メンターが受講生を徹底機にサポート

学習の進め方や目標設定において自走を促すサポートを行っており、メンターが学習相談に対応可能です。自習室での自学においても定期的な声掛けをしているため、自ら積極的に質問することが苦手という人でも安心です。

DIVE INTO CODEが行う卒業後の目標達成に導くサポートや取り組みとは

せっかくプログラミングスクールに通うなら、卒業後の目標も叶えられるスクールに通うことがオススメ。 ここではスクールが行う卒業後のサポートや、目標を達成するために行っている取り組みなどをご紹介します。

卒業後も継続した学習環境を提供

卒業生には、半永久的にオンライン上のテキスト閲覧権が付与されるため、好きなだけ復習することができます。また、校舎の利用やイベントへ参加も引き続き可能なので、就職しても継続的にスキルアップを図ることが可能です。

参照元:DIVE INTO CODE公式HP https://diveintocode.jp/

プロになるまでさまざまな就職サポートを提供

プロとして羽ばたくことができるまで、企業説明会や履歴書や職務履歴書のレビュー、オリジナルアプリケーションのコードレビューなどのサポートを実施。また、模擬面接を実施することで本命企業の面接対策にも対応しています。

まとめるとDIVE INTO CODEはこんな会社

プログラミングを学ぶだけでなく、一人前のエンジニアとして就職するところまでを明確なゴールとして掲げているプログラミングスクール。また、ペアプログラミングを導入しているため、一人では挫折しやすいという人にもおすすめです。

DIVE INTO CODEの詳細情報

所在地 東京都渋谷区円山町28-4 大場ビルA館
営業時間 10:00~19:00(土曜・日曜・祝日・年末年始)
電話番号 公式サイトに記載なし
価格目安 Webエンジニア ステップアップコース:1,010円/月~(税込)
Webエンジニアコース 就職達成プログラム:647,800円~(税込)
機械学習エンジニアコース:1,010円/月~(税込)
公式HP https://diveintocode.jp/

おすすめのプログラミングスクール 53社をチェック