プログラミングスクールをどこよりも詳しく紹介する「プログラミングスクール大全集」 » 法人向けのプログラミング研修

公開日: |更新日:

法人向けのプログラミング研修

社員教育の一環として、プログラミング研修を検討している企業が増えています。プログラミング研修を成功させるためには、効果的な研修方法を考えることが重要です。

ここでは、プログラミング研修の必要性・目的をはじめ、実施方法によるメリット・デメリットの違い、プログラミングスクールの法人研修を利用するメリットを解説します。

プログラミング研修の必要性・目的

エンジニアの人材育成

エンジニア職は高い専門性を必要とする仕事のため、プログラミング言語に精通している人材が求められます。

新入社員をエンジニアとして育成する場合、企業によってはコスト削減のために研修を一切行なわず、独学または上司や先輩社員が指導するところもあるでしょう。ただ、それだと新入社員や指導役によって習熟度にバラつきがあり、期待していた結果につながらないことも。

研修でプログラミング言語を身につけたうえで業務に取り組むほうが、新入社員のスピーディーな成長を期待できます。

社員のITスキルの取得・向上

企業によってはITスキルを必要とするのはエンジニアといった専門職だけでなく、一般職にもITに関する知識やスキルが求められます。IT企業の営業職なら取引先との商談においてIT全般の知識を持っておいたほうが良いでしょうし、お客様からの問い合わせに対応するカスタマーサービスの担当者もITスキルや知識が必要です。

そのほかの部署でも今後ITスキルの向上が必要となる可能性があるため、プログラミング研修を行なうならば対象を絞らず、自由に参加できるようにしておくと良いでしょう。

プログラミング研修の実施方法

プログラミング研修を行なう場合、選択肢は主に「社員が講師を担当する」または「法人研修に対応しているプログラミングスクールを利用する」の2つ。それぞれにメリット・デメリットがあるため、しっかりと押さえたうえで自社に合った実施方法を選ぶようにしましょう。

社員に講師を依頼する

自社の社員が講師を担当する場合、外部に依頼するよりもコストを抑えられるメリットがあります。また、実情をよく知る社員だからこそ、業務内容に即した知識を研修内容に組み込めるのも魅力です。

ただ、講師を務めるとなると研修の準備や資料作成などでどうしても時間が取られ、通常の業務に支障が出てしまうことも。業務に支障がでないように準備にかける時間を抑えた場合、研修の質も落とさざるを得ません。また、エンジニア職でも社員によってプログラミングとの関わり方に差があるため、自社のニーズや課題に即した研修内容にならない可能性もあります。

そのほかの考えられるデメリットとしては、研修のクオリティが研修担当者の知識に左右されてしまうこと。エンジニアといってもプログラミングに関するすべての分野に精通しているわけではなく、知識に偏りがあるのが一般的です。そのため、技術を体系的に教えたいのであれば、自社の社員講師だと十分な役割を果たせない可能性があります。

法人研修に対応しているプログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールを利用するとなるとコストはかかりますが、研修の準備にかかる手間や時間を省くことができ、通常の業務に支障をきたさないメリットがあります。

法人研修に慣れているプログラミングスクールならヒアリングを通して自社のニーズや課題を洗い出してくれ、効果的な研修プログラムを提案してもらえるメリットもあり。また、指導スキルに長けた専門講師が研修を行なうことで、受講者の理解度に応じた質の高いプログラミング研修を叶えられるのも魅力です。

得られるベネフィットが大きいため、費用対効果は高いと言えるでしょう。

プログラミングスクールを利用するメリット

プログラミング研修を検討している企業に、当サイトがおすすめしたいのはプログラミングスクールを利用する方法です。コストをかけてでもプログラミングスクールを利用するメリットについて、より詳しく紹介していきます。

教育の負担を減らせる

自社でプログラミング研修を行なうとなると、研修内容の企画から教材の作成、受講生へのサポートまですべて対応しなければいけません。研修にかかわる人事や社員の負担が大きく、通常業務に支障をきたしてしまう可能性も。

プログラミングスクールの法人研修を利用すれば、スクール側がすべて請け負ってくれるので社員への負担がかからず、通常業務に専念できるメリットがあります。

効率的に学べる

自社にプログラミングに精通した社員がいたとしても、人に教えるとなると、また別のスキルが必要になります。プログラミングスクールは人材育成を専門としているため、効率的に指導するノウハウを持っているのが強み。効率的に学べるカリキュラムを組んでもらえるので、短期間でのスキルアップも可能です。

オンライン型の法人研修ならスクールまで通う手間がかからず、時間を有効活用できます。

社員のペース・レベルに合わせて進められる

社員によってプログラミングの習熟度や適正が異なるので、それぞれに合ったカリキュラムに調整する必要があります。企業で柔軟なカリキュラムを組むのはかなりの負担を要するため、ある程度は妥協せざるを得ません。

プログラミングスクールなら社員1人ひとりに合ったカリキュラムを組め、社員のペース・レベルに合わせて学習を進めることができます。